進藤料理教室は一人ひとりの生徒さんとの交流と指導を心掛け、一教室5~6名の少人数制にて現在約100名の生徒が、懐石料理を通じて日本の伝統を学んでいます。

懐石料理とは

  • HOME »
  • 懐石料理とは

懐石料理とは、「心のこもったおもてなし」その一言につきます。

IMG_0651

そして、この心はお茶事に限らず、日常において大切なお客様、親しいお客様をもてなす時にも必要なことだと思います。

懐石は禅僧が断食して座禅を行なうとき、温めた石を懐に入れて空腹をしのいだことに由来して「懐石」と名づけられました。

懐石料理は、四季においてその時季にふさわしい食材を使いその月、その日の季節感や風情を盛り込んで、お茶事のお客様をもてなすお料理です。

大切なのは、お客様をもてなすとき、この機会は一生に一度のことと思ってのぞむ、正に「一期一会」のおもてなしの心です。
ていねいにお出汁をとるところからはじまる日本料理。
ひと手間をかけることで、ご家庭の味にも奥行きが生まれますようにと願い、懐石料理の基本から応用までを心を込めてご伝授いたします。

PAGETOP
Copyright © 四條流 進藤料理教室 All Rights Reserved.